2011年11月03日

カクテルの名前の由来

カクテルはかなり多くの種類があり、
カシスオレンジやジントニックのように
混ざっている物名前がついている物もありますが、
なんでそんな名前なの?というものもあります。

有名所をいくつか調べてみたのでメモ。
ほとんどが、昔からの物なので由来が複数あり、
正確じゃないかもしれないですが・・・

・ソルティドッグ
(ウォッカ、グレープフルーツ、
 グラスのふちに食塩)

イギリスで生まれたカクテルで、
イギリスのスラングで「船の甲板員」
を意味する言葉だそうです。

グラスのフチに食塩がついてることを
甲板員が海風で塩だらけになる様子に
例えた
んですね。


・サイドカー
(ブランデー、ホワイトキュラソー、レモン)

考案した人のバーに、これを飲みに
よく通っていた兵隊さんがおうちカクテル150
サイドカー(二輪車の隣に荷物や人を
乗せられるのが付いてるやつ)
に乗ってよく来ていたから。


・スクリュードライバー
(ウォッカ、オレンジジュース)

昔のアメリカの労働者の人が
このお酒を作って混ぜるときに、
持っていたネジ回し(screw driver)
で混ぜていたことから。



どれも簡単なネーミングセンスですが
英語だとカッコよく聞こえるから不思議。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。