2012年04月05日

ラクダの背中にコブがある2つの理由

ラクダの背中には、なぜ「コブ」があるのか?

まず、あの「コブ」の正体は脂肪なんだそうです。

食べ物が少なく、また何日も歩き続けるために
エネルギーである脂肪を背中に溜めているんですね。


食べ物を食べずにいると、だんだんコブが小さくなるそうですよ。


そして、なぜ背中にあるのか?ということですが

背中のコブである脂肪は、断熱材としても働きます。
そのため、照りつける太陽が一番あたる背中に
脂肪を溜めている
そうです。


これが2つの理由です。
進化ってすごい!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/262300464

この記事へのトラックバック