2012年04月08日

ホッキョクグマの地肌は黒く、毛は透明

「しろくま」とも呼ばれるホッキョクグマ
その呼び名の通り見た目は白く見えます。

しかしなんと、彼らの地肌は白や肌色などではなく
黒い
んだそうですよ。

じゃ毛の色が白いのかと思えば、
毛は透明なんだそうです。

さらに顕微鏡で見てみると、毛には空洞があり、
光が反射して、白く見える
んだとか。


この透明な空洞の毛のおかげで、極寒の地、北極でも
太陽の光の熱が地肌に届き、
地肌が黒いおかげで熱を効率よく吸収し
厚い脂肪で熱を逃がさない
んだそうです。

毛の空洞は、保温効果ももっているそうです。
まさに北極に適した進化をしたんですね。


ちなみに動物園に住んでいるホッキョクグマは、
夏になるとプールに発生する藻が
毛の空洞内にも繁殖して、「しろくま」ではなく
みどりくま」になっちゃうそうです(-∀-;
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。